個人情報保護方針

トータルライフ医療研究会では、かねてから、あらゆる活動を通してお預かりする個人の身元を明らかにするような情報(以下、個人情報といいます)が個人の人格尊重の理念のもとに慎重に取り扱われるべきものであることを強く認識し、その保護に努めてまいりました。
本研究会では、個人情報の保護のため以下に掲げる基本的な方針を定め、個人情報の取得、利用、管理等における安全性に関して更に配慮し、適切な有効活用及び保護を行うことで、個人の利益を保護することを目標に今後とも努力をしてまいります。
1.個人情報の定義

個人情報とは、会員ならびに本研究会の活動に関係する非会員の、氏名・生年月日などの特定の個人を識別できる情報を指します.
また、当研究会において発表される症例報告等では、特定の患者の疾患や治療内容に関する情報が記載されることがあります.その際、患者の個人情報の保護に配慮し、患者が特定されないよう留意しなければならないと考えています。

 

2.取得について

会員ならびに本研究会の活動に関係する非会員の、個人情報の取得は、原則として、直接本人から利用目的に必要な範囲に限りこれを行います。
また、患者の個人情報は、当研究会において発表される症例報告等に必要な範囲内でのみ取得するものとします。

 

3.利用について

個人情報の利用は、利用目的に必要な範囲に限りこれを行います。

 

4.利用目的について

取得した個人情報は、会員の研究発表、学術集会等の開催並びに教育に関する事業、機関誌等の刊行、内外の関係学術団体との連絡及び提携、会員名簿の作成、事務手続き等に利用いたします。

 

5.提供の制限について

取得した個人情報は、法令に基づくものを除き、本人の事前の承諾なしに第三者に提供いたしません。

6.安全確保の措置について

個人情報の適正な取扱いの確保に必要な措置を講じ、その措置について、変化する要求に合わせて継続的に見直し、改善を行います。個人情報を取り扱う従業者に対しては、必要かつ適切な監督を行います。また、業務の全部又は一部を外部に委託する場合は、委託先に対して、契約等によりその安全性を担保し、必要かつ適切な監督を行います。

さらに、患者の個人情報に関しては以下の指針をもとにその保護に努めます。

1) 患者個人の特定可能な氏名、入院番号、イニシャルまたは「呼び名」は記載しません。

2) 患者の住所は記載しません。但し、疾患の発生場所が病態等に関与する場合は区域までに限定して記載することを可とします。(神奈川県、横浜市など)。

3) 日付は、臨床経過を知る上で必要となることが多いので、個人が特定できないと判断される場合は年月までを記載してよいこととします。

4) 他の情報と診療科名を照合することにより患者が特定され得る場合、診療科名は記載しません。

5) 既に他院などで診断・治療を受けている場合、その施設名ならびに所在地を記載しません。但し、救急医療などで搬送元の記載が不可欠の場合はこの限りではありません。

6) 顔写真を提示する際には目を隠します。眼疾患の場合は、顔全体が分からないよう眼球のみの拡大写真とします。

7) 症例を特定できる生検、剖検、画像情報に含まれる番号などは削除します。

8) 以上の配慮をしても個人が特定化される可能性のある場合は、発表に関する同意を患者自身(または遺族か代理人、小児では保護者)から得ることとします。

9) 遺伝性疾患やヒトゲノム・遺伝子解析を伴う症例報告では「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(文部科学省、厚生労働省及び経済産業省) (平成13年3月29日)による規定を遵守します。

 

7.情報の正確性について

個人情報を管理するに当たって、常に正確な情報を維持していきたいと考えます。本人又は代理人からの開示、訂正、利用停止等の求めがあった場合は、必要な確認を行ったうえで、可能なかぎり迅速に対応いたします。

 

8.本方針の更新について

本研究会は、上記方針を改定することがあります。その場合、すべての改定はホームページ及びニューズレター上で公表いたします。

 

9.個人情報の保護に関するお問い合わせ先

〒111-0034 
東京都台東区雷門 2-3-12 メッツみやじま 4F
トータルライフ医療研究会